幹事としての注意点

二次会の景品を選ぶ時、そして当日のイベント中に渡す時に少し気をつけるべきことがあります。まずは、景品の内容です。二次会であるために知り合いも多いですしフランクな会になることが多いために思わず羽目を外してしまいがちです。内輪にしかわからないものを商品にしたり、下品な下ネタ系商品を入れてしまうと一部の人しか盛り上がらなかったり悪印象を持ってしまう人が出たりします。そこで、皆がもらって喜べるもの、ふざける際にも皆が笑える内容のものにするようにするべきです。

次に、景品の渡し方にも工夫が必要です。まずは少しでも場が盛り上がりやすいように多くの人が景品をもらえるようにすることです。あまり目玉商品ばかりを増やすと予算が足りず景品数が減ってしまいますし、商品数が多すぎるとイベント時間が長くなり間延びすることもあります。また、目玉商品がはじめにたくさん出てしまわないよう、価格の順番と渡す順番が同じにならないように配番をしたり、くじで景品を決めたりという配慮をすると盛り上がりやすいです。

最後に、予算があるからといって使い切るのはおすすめできません。新郎新婦にとっては少しでも少ない予算で盛り上がることがベストです。そこで、景品代や会場費用については少しでも余るように配慮して予算を決めていくことが理想的ですし、新郎新婦からも感謝されることが多いです。

景品の人気商品

景品として人気なものに、最新家電や商品券、テーマパークの入場券といったものがあります。やはりそれなりに高価なものというのはもらって嬉しいと思うものであり盛り上がるものです。最近では結婚式の引き出物同様に二次会向けのカタログギフトといったものもあります。また、金額的な面で多くの人に商品が行き渡るようにお金をかけずに用意できるものもおすすめです。

例えば、新郎新婦の新居の引っ越し手伝い、や新居に遊びに行ける券といったものは封筒に入れて用意しておくと一見商品券やテーマパークの入場券のような見た目であるために見た目と中身とのギャップで商品を皆の前で見せた時に盛り上がりやすいです。予算的にも助かりますし、このようなものは新郎新婦と相談して入れられるようなら是非とも取り入れたいものです。

最近ではこのような景品の購入先としてインターネットショッピングを活用する方法があります。インターネットサイトの中にはこのような二次会景品専門店があり、無料で二次会景品用のラッピングをしてもらえたり、演出の盛り上げとなる商品のパネルを用意してくれたりもします。

関連リンク:パネル付き景品を用意している通販サイト「マイルーム」

実物を確認する必要があるものや、インターネットで用意できないもののみ手元で購入をして揃えていくと効率よく少ない労力で準備が進められます。